高尾山 薬王院 有喜寺
関東三十六不動霊場
              たかおさん  やくおういん  ゆうきじ  いづなだいごんげん
第八番霊場 高尾山 薬王院 有喜寺 飯縄大権現

その4 高尾山

その1 浄心門まで その2 浄心門から山門まで  その3 山門から本社まで


アクセスカウンター アクセスカウンター


平成廿二年十二月廿五日

25日 八王子       最高気温  9.4℃   最低気温  -2.3℃ 快晴

秩父・最上・西国・坂東札所・お遍路へ 関東三十六不動霊場toppageへ

高尾山 薬王院 有喜寺公式ホームページ




高尾山 薬王院 有喜寺

飯縄大権現

質多羅童子

真言宗智山派大本山

御詠歌

高尾なる
  緑もふかき
   法(のり)の山
飯綱の
  御威(みいつ)永遠に
    変わらじ
御朱印 御影 質多羅(しつたら)童子

お寺の縁起

 正式名称「高尾山薬王院有喜寺」は今から1260余年前の天平16年(744)に、聖武天皇の勅令により東国鎮守の祈願寺として、
高僧行基菩薩により開山されました。
薬王院の名は創建当初、薬師如来をご本尊とした事に由来します。
現在は真言宗智山派の大本山として「成田山新勝寺」「川崎大師平間寺」「高尾山薬王院」が三大本山として知られております。
 
 南北朝時代の永和年間(1375)には京都醍醐山より俊源大徳が入山し八千枚の護摩供養秘法の後、
今のご本尊「飯縄大権現(いづなだいごんげん)」を奉祀し中興されました。
戦国期、飯縄大権現は戦国武将の守護神として崇敬され、上杉謙信や武田信玄の兜表にも奉られ、
また北条家の手厚い保護も受け江戸期に入ると徳川家(特に紀州家)との仏縁により隆盛をむかえます。
 
 古来、高尾山は修験道のお山といわれております。
修験道を修める人のことを山に臥し野に臥しながら修行することから「山伏」と呼ぶようになりました。
高尾山には、今もなお「琵琶滝」と「蛇滝」の二つの滝を擁し、滝修業の道場として、一般の方にも門戸を開いております。

御本尊 飯縄大権現様
 行基菩薩開山以来「薬師如来」を本尊として奉祀してきた高尾山は、俊源大徳の祈請によって「飯縄大権現」を勧請し、
爾来これを本尊として奉安している。
 
 「飯縄大権現」は、その信仰の起こりとしては、信州善光寺の北にそびえる飯綱山、戸隠山一帯に淵源を発する。
この地方は善光寺の起こりと共に仏教の歴史も古く、戸隠、飯綱の山岳信仰も古い修験道の歴史を伝えている。
 飯綱山は、戸隠山と共に我が国修験道の始祖、役の行者神変大菩薩(えんのぎょうじゃじんぺんだいぼさつ)によって
山岳修験道場の基礎が開かれた。

 その後嘉祥三年(850)学問行者が飯綱山から戸隠山に入り、役の行者の跡を再興して、初めて戸隠山の別当職に就き両山を治めた。
やがて、戸隠山は天台派修験道の道場として栄え、鎌倉時代初期には延暦寺の末寺となり、一山八十二坊を数えた。
一方、真言派の修験の寺も西光寺を中心に、道場を飯綱山方に占めて、次第に勢力を伸ばして行った。

 飯綱山は、初め飯綱大明神と称し、天皇足穂命が降臨した所として崇められていたが、
天福元年(1233)水内郡萩野城主、伊藤兵部太夫忠縄が山頂に飯縄大権現を祀り、
修行の後、神通力を得て、百才以上の長寿を得たという。
その子、次郎太夫盛縄もこの山に入り修行、霊験を得て妖術「飯縄法(いづなほう)」を編み出し、「千日太夫」を名乗った。
以後、子孫が千日太夫を世襲して、この妖術を世に広めた。

 「飯縄法」とは、管狐と呼ばれる鼠ほどの小動物を飯綱山から得て、長さ四、五寸の管に入れて養い、
常に懐中して、この小動物の霊能を用いて術を行ったという。
伝説では、この管狐は著しい霊能力を持ち、変幻出没自在で、予言をなし、人になつき、
飼い主には非常な利益をもたらすものと信じられ、恐れられた。

 殊に戦国時代の世に武将の間で、優れた妖術として熱い信仰を集め、武田信玄は、飯縄大権現の小像を懐中して、守護神としたと語られ、
山形県上杉神社に遺される上杉謙信の兜の前立には、飯縄大権現の尊像が祀られているのである。

 元来、飯綱山の麓、長野県上水内郡、下水内郡の辺りでは、飯綱山の残雪を「種蒔き爺(じ)っさ」と視て取って、
苗代の籾播きをする慣わしが在り、農耕を司る守護神として山を崇めてきた。
 こうして農耕神としてあった飯縄大権現が時代の趨勢に伴って戦神として崇められ、戦国武将の熱い信仰を寄せられた。
時代が降って、徳川幕府の天下平定による平和な時代の訪れと共に、「飯縄法」の妖術は「邪教」の烙印を押され、
厳しい禁制の下でその使命を終わる事となった。

 高尾山もこうした時代背景の下に、戦国武将の移動に導かれるようにして「飯縄大権現奉祀の霊場」としての発展を遂げるのであるが、
妖術「飯縄法」が本地仏を勝軍地蔵とするのに対して、高尾山の飯縄大権現は不動明王の変化身であるとして
「飯縄不動尊」などと呼ばれた時代もあり、今日でも、不動明王に準じた供養、祈祷が勤められているのである。

高尾山と天狗様
 天狗様は飯縄大権現様の眷属(随身)として、除災開運、災厄消除、招福万来など、衆生救済の利益を施す力を持ち、
古来より神通力をもつとされ、多くの天狗伝説や天狗信仰があり、神格化されています。
この様に高尾山は、飯縄信仰と共に天狗信仰の霊山としても知られております。
 また、高尾山は修験道根本道場として知られており、山伏修行が随時行われ、昔は山伏が深山幽谷に籠もって難行苦行を重ね、
やがて高尾山の霊気と融合して、呪力、験力を体得して大先達となり、山伏の姿が天狗と同一視されることも多いのであります。
                                         (高尾山 薬王院 有喜寺 公式ホームページより)


                                                  
11時8分 不動堂から山頂に向かいました。
森の図書館  自然研究路  道は続きます。 
植生復元中
十三州大見晴台 多くの人たちがお昼を摂っています。 11時20分 明治の森 高尾山頂
          駿 河 富士山
          甲 斐 南アルプス
          信 濃 北アルプス
          越 後 上越山塊
          上 野 上州三山
          下 野 日光山塊
          常 陸 筑波山
          上 総 房総半島
          下 総 房総半島
          安 房 房総半島
          相 模 丹沢山塊
          伊 豆 天城山
          武 蔵
サンタクロースの一行がやってきました。 599.03m
明治の森高尾国定公園
高尾山頂
関東の富士見100景
富士山の見えるまちづくり

地点名 高尾山山頂

平成16年11月
国土交通省関東地方整備局
寄贈  (株)関東建設弘済会
富士山が顔を出しています。  赤鞍ガ岳   1257m
御正体山   1682m
 富士山    3776m
大室山     1588m

富士山が顔を出したり隠したり雲の影響を受けています。
高尾山 4号路 40分 1.5㎞    5号路 30分 0.9㎞  6号路 70分 3.3㎞
ここにもありました。 自然研究路5号路を経て3、6号路→
大きな霜柱
自然研究路6号路を経て琵琶滝・高尾山口駅→
植生回復中
倒れている木の下を通ります。
水が流れている道を歩きます。山歩き用の靴(お遍路の時履いている靴)なので安心です。
ようやく水が流れてない山道を歩きます。
木の橋を渡ります。
木の根が岩に入り込んでいます。
大山橋
硯岩 粘 板 岩
昔むかし、高尾山は海の底でした。
砂や泥がたまった海底が大きく盛り上がって
現在の高尾山となったのです。
粘板岩とは自然の力で砂や泥が
固められてできたものです。
黒色粘板岩はとても堅くて
磨くと表面がツルツルになるので
硯石ともよばれ、硯や碁石に利用されます。
12時25分 大勢の人が休憩しています。
更に道を下って行きます。
金網が出てきました。 琵琶滝の方へ
琵 琶 滝
むかし、偉いお坊さんが、高尾山を歩いていると、どこからか琵琶の音が聞こえてきました。
しかし、その琵琶の音が、どの方角から聞こえてくるのかわかりません。
そのとき、一頭の鹿が現れ「どうぞこちらに・・・」と言うように先へ立って道案内をしました。
お坊さんが鹿の後についていくと、白髪の老人が大岩に座って琵琶を弾いていました。
その美しい調べに深く心を動かされたお坊さんは、白髪の老人に「悟りの道をお教えください」とお願いしました。
すると老人の姿は大岩に吸い込まれるように消え、そこにまるで白髪のような清らかな滝があらわれました。
その滝の音は、琵琶の調べのように美しく、お坊さんは、この滝を悟りを開くための修行の場としました。
これが琵琶滝です。
お堂が見えます。         心みだれると
        ものの姿も
        ゆがんでみえる
        心を静かに澄ませれば
        誰でも
        ものの姿を
        素直にとらえる
        ことができる
        心のふるさと祈りのお山
          高尾山琵琶瀧水行道場
堂内にはお不動様がいらっしゃいました。
大聖不動明王
一般の方が出てきます。
橋を渡ると岩屋大師の案内がありました。
暗いのでフラッシュをたいて撮りました。
お地蔵さま シャガの効用
シャガは、中国産の植物でもともと日本には
ありませんが、高尾山では
たくさん見られます。
丈夫な根をのばして数を増やすので、
高尾山では土がくずれるのを
防いでくれています。
シャガは、5月頃、薄紫色の花を咲かせます。
高尾山琵琶瀧水行道場
麓に着きました。妙音橋です。
ケーブルカーが走っています。
七福神 左から布袋、寿老人、福禄寿、弁財天、毘沙門天、恵比寿、大黒天
6号路を下りてきました。 ケーブルカーの高尾山駅
蕎麦座 髙橋家  ここで遅い遅いお昼をいただきました。
京王線 高尾山口駅13:28発の電車で次の高幡不動尊の金剛寺に向かいました。