関東三十六不動霊場
                                   のげやま
第三霊場 成田山横浜別院 延命院 野毛山不動尊

アクセスカウンター

平成廿二年八月五日

横浜 最高気温 33.3℃ 最低気温 26.8℃ 快晴 

秩父・最上・西国・坂東札所・お遍路へ 関東三十六不動霊場toppageへ



成田山横浜別院 延命院

野毛山不動尊

不動恵童子

真言宗 智山派

御詠歌

ありがたや
成田のみ山に
参る身は
護摩の煙りに
あうぞ嬉しき
御朱印 御本尊御尊影 童子御尊影
        
         お寺の縁起

           本山の成田山新勝寺よりご分霊を勧請し、現中区太田町の普門院境内に遙拝所を設立したことに始まりました。
          つづいて明治九年(1876)現在地に移り、成田山教会所と改めました。
           その後、明治二十六年(1893)本山塔中より寺号を転じて延命院と称し、成田山横浜別院となりました。
          また、通称野毛山不動尊とも呼ばれています。
          当院の御本尊不動明王は、もと徳川家の秘蔵仏でありました。
          元禄年間、成田山へ徳川家より累代祈願を懇願された時賜ったもので理源大師の御作といわれてます。
          この境内地は、横浜開拓の恩人であり、易聖と謳われた「呑象」高島嘉右衛門氏及び新栄講の寄進したものです。
          世界平和、万民豊楽を祈願しております。

                                成田山横浜別院 延命院ホームページより


                                        
14時41分 東海道線横浜駅に着きました。  14時46分 京浜東北線に乗りました。 14時49分桜木町駅に着きました。 
改札口を出ると野毛への近道がありました。 でエスカレーターを上がるとコンビニがありました。
動物園通りを進むと電柱に案内が出ていました。曲がると真っ直ぐの成田山への矢印がありました。
成田山萬燈会の提灯が掲げられ、左には水行堂がありました。成田山開創145周年記念の横断幕が見えました。
階段を上がると見晴らしの良い処に出ました。
本堂にお線香を上げると住職さんが「これからお勤めをするので一緒にいかがですか」と誘われました。
内陣に上がってお経を唱えたのですが、とても早いのです。ついていくのがやっとでした。
太鼓の音がお腹にびんびん響きました。
お稲荷さんが隣に祀られていました。お稲荷さんはどこでも祀られていますね。
成田山 延命地蔵尊
弘法大師尊像
  東國第三十八番本尊千手観世音菩薩
ふだらくやこヽはみさきのふねのさを とるもすつるものりのさだやま   地蔵堂  お地蔵様の後ろにはお不動様がいらっしゃいました。
                 成田山 延命院
弘法大師のお隣に迦楼羅焔を背に厳めしいお顔の不動明王がいらっしゃいました。
外には大きな剣が立てられていました。
大本山成田山横浜別院 延命院 野毛の七福神
立派な鬼瓦が見下ろしていました。
階段を下りて水行堂に向かいました。
ごつごつとした岩にお不動様と剣が建てられてました。朱文字の成田山は分かりますが、他の文字は分かりません。
 本尊不動明王お伺い 御加持祈祷處               水行場 竹生島観世音菩薩
地蔵尊 お不動様が厳めしいお顔でこちらを睨んでいました。
15時54分成田山を出て駅に向かいました。
喉が渇いたのと暑かったのでかき氷をいただき電車に乗りました。


台風18号、首都圏直撃 土砂崩れで横浜の寺院倒壊、修行僧が意識不明
(平成26年10月の記事)
 大型で強い台風18号は6日、浜松市付近に上陸した後、勢力を保ったまま東京都心など首都圏を直撃した。
5日以降の全国各地の被害は死者4人、行方不明者5人。警察庁によると、重軽傷者は計49人。
横浜市では土砂崩れによって寺院が倒壊、20代の修行僧が取り残され、意識不明の状態で発見された。
東京都港区は6日午前、土砂災害のおそれから2万2916世帯、4万5488人に避難勧告を出した。
台風18号は夜、太平洋上で温帯低気圧となった。

 崖がそのまま滑り落ちたような跡、原形をとどめないガレキの山が土砂崩れのすさまじさを物語っていた。

 午前10時50分ごろ、横浜市中区の成田山横浜別院の仮本堂が「土砂崩れで崩れた」と110番があった。
仮本堂にいた3人の修行僧男性が逃げ遅れたが、2人は自力で脱出。
20代1人が取り残され、その後意識不明の状態で発見された。
1870年に千葉・成田山の別院として開創された横浜別院は、来年に開創145周年を迎える。
記念事業として新本堂の建立を進めており、昨年から「水行堂」を仮本堂として使用していた。
水行堂は関東大震災の際に被災した施設だった。

最終更新:10月7日(火)7時10分